自動車をいつまでも新車の状態にしておきたいといった要望に応える方法があります。
自動車は外に置いて、走行するなどの使用状況からきずがつきやすいものです。
そこできれいな塗装面を保護するためにプロテクションフィルムがあります。
市販されているものを自分で購入して施工することができます。
塗装面を傷つけることなく保護することができることと、フィルムを剥がすことでまたきれいに戻すことができるので貼り直しができます。

プロテクションフィルムの施工方法

プロテクションフィルムの施工方法 自動車の塗装面を保護する目的としたプロテクションフィルムを施工する方法があります。
自動車は走行することで小石が飛んできてしまい傷がついてしまったり、鉄粉も飛んできます。
塗装が剥がれてしまうこともあれば、傷もついてしまいます。
外で駐車しているような場合は紫外線でも塗装が劣化します。
その対応策としてプロテクションフィルムが有効です。
施工は自分でもできますので、フィルムを購入して実施してみるといいです。
貼り付ける場合はフィルムと水、スポンジなどの柔かいものがあるといいです。
フィルムは柔軟性があるので水で濡らしてから抑えるけるようにして貼っていきます。
塗装面をきれいな状態に元に戻したい場合はフィルムは剥がせます。

プロテクションフィルムを施工するための一般的な手順

プロテクションフィルムを施工するための一般的な手順 プロテクションフィルムは、自動車のボディに艶を与える素材としても優れており、しかも塗装面をキズから保護することができる効果が期待できます。
愛車の外観などの状態をより良くしたい場合に活用することができるフィルムになり、施工を行うことによるメリットも計り知れないです。
まずそのプロテクションフィルムの施工の行程は、自動車のボディを念入りにクリーニングをすることから始めます。
あらかじめ装着していないことが多いため、それを行う上では汚れなどを気にして慎重にクリーニングを行う必要があります。
そして作業をする上での適した温度は、15~35℃の範囲で行うと良く、施工面をメジャーなどで計測して大きめにカットしていきます。
そして雛形紙からフィルムをはがしておきます。
その後、貼り付け専用液体が存在し、それはスプレータイプになっているため、塗装面に念入りに噴きかけていきます。
スキージーを使ってそのはがしたフィルムを伸ばす様にボディに貼り付けを行います。
スキージーで塗装面に噴きかけた液体を外に押し出すように、45度の角度を保ちながら滑らす様に行うと良いです。
あとはフィルムの余分な部分をカットを行えば作業が終了になります。
自動車好きの方の場合、業者に依頼するよりは自分でプロテクションフィルムを購入して行うケースもあります。
その場合、車種に対応したプロテクションフィルムが販売され、あらかじめカットされているため、カット作業の手間を省くことができるため、それを活用すると綺麗に仕上げることも可能です。

プロテクションフィルム詳細情報

プロテクションフィルムの施工で愛車を守る

新着情報

◎2018/11/30

サイト公開しました

「プロテクション フィルム」
に関連するツイート
Twitter